/

詩人の大岡信さん死去 86歳「折々のうた」

「折々のうた」「紀貫之」などの著書で知られ、戦後を代表する詩人で評論家の大岡信(おおおか・まこと)氏が5日午前10時27分、呼吸不全のため静岡県三島市内の病院で死去した。86歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、かね子さん。

静岡県出身。中学時代から詩を書き始め、東大国文科を卒業した後、読売新聞社に入社。退社後に明治大で教壇に立つかたわら、詩の創作を続けた。豊かな感性で紡ぎ出す詩の世界が国内外で高い評価を受けた。

連歌・連句を現代詩に取り込んだ「連詩」も展開。海外の詩人らと長期にわたって共同創作を続け、欧米などで「Renshi」の言葉を広めた。

豊富な知識を背景に小説、美術、音楽など幅広い分野の批評家としても活躍。翻訳、戯曲にも精力的に取り組んだ。主な著作に「岡倉天心」「詩人・菅原道真」「大岡信全詩集」など。詩集に「旅みやげ にしひがし」「春 少女に」「故郷の水へのメッセージ」など。

日本ペンクラブ会長、日本文芸家協会理事なども歴任。1997年文化功労者。2003年文化勲章。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン