パナソニック、海外で接待受けた90人超処分
数年間で2000回以上

2016/11/5 13:37
共有
保存
印刷
その他

 パナソニックは5日、接待を受けることを禁じる社内規定に違反したとして、テレビ関連の調達などを担当する90人を超える社員を一斉に降格などの懲戒処分にしていたことを明らかにした。

 社員らは中国など海外に出張した際、テレビ用部品の供給を受ける複数のメーカーから食事などの接待を受けていた。回数は今年までの数年間で延べ2千回以上という。最近になり発覚したため、関係部門に聞き取り調査。1日付で5人程度を降格処分とし、約30人を出勤停止、約50人をけん責とした。

 パナソニックは2004年にコンプライアンス(法令順守)体制強化の一環として「クリーン調達宣言」を決めた。不透明な取引を防ぐため、調達部門の社員は原則として接待を受けることを禁止。割り勘や会費制であっても取引先と食事やゴルフに行くことを禁じている。

 パナソニックの広報担当者は「就業規則違反があり、処分が下されたのは事実だ。便宜供与などの不正は見つかっていない」と説明した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

パナソニック

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
12:59
10:33

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報