バンコクでボート爆発 日本人含む50人負傷、事故の可能性

2016/3/5 12:50 (2016/3/5 13:18更新)
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=共同】タイ警察によると、首都バンコクのセンセープ運河で5日朝、水上バスとして使われているボートでエンジン部分が爆発し、日本人を含む乗客ら少なくとも50人が負傷した。うち数人が重体という。警察は爆弾テロなどではなく、事故の可能性が高いとみて調べている。

負傷した日本人はインターナショナルスクールの男子生徒で、バンコクの病院に運ばれた。命に別条はないという。

バンコクは運河が多く観光地や商業地区、住宅地などを水上バスとしてボートが結び、市民や旅行者の足として利用されている。警察は燃料が漏れて引火した可能性を指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]