プロ野球

広島カープ、41年ぶり優勝パレード 沿道から歓声

2016/11/5 10:43
保存
共有
印刷
その他

プロ野球広島東洋カープのセ・リーグ優勝を祝うパレードが5日、広島市中心部で繰り広げられた。パレードは初優勝した1975年以来、41年ぶり。赤いユニホーム姿も目立つ沿道でファン約31万人(主催者発表)が歓声を上げ、選手らは力強く手を振って応えた。

広島カープの優勝パレードでファンに手を振る黒田投手(5日午前、広島市中区)=三村幸作

広島カープの優勝パレードでファンに手を振る黒田投手(5日午前、広島市中区)=三村幸作

午前10時半、選手らを乗せたオープンカーやバスが走り始めると、市民らは「ありがとう」「広島の誇りだ」と声を張り上げた。

緒方孝市監督(47)や今季限りの引退を発表した黒田博樹投手(41)ら約100人が計9台に分乗し、平和記念公園(同市中区)に面する平和大通りの約3キロを約45分かけて移動。黒田選手と新井貴浩選手(39)の登場で熱気は最高潮に達した。

25年ぶりのリーグ優勝を果たした選手の雄姿に、市民からは喜びの声が相次いだ。午前6時から沿道で待ったという広島市の会社員女性、結崎希海さん(27)は「映像や親の話でしか知らなかったパレードを前列で見られた」と笑顔。来年は日本一のパレードを期待しているが、「もしビリでも永遠のファンです」。

平和記念公園近くの商店街で宝石店を営む望月利昭さん(74)は41年前の初優勝時を思い出した。商店街挙げての記念セールやちょうちん行列――。「パレードを見ながら涙を流す人もいた」という。

若手育成に定評のあるカープは、主力選手が引き抜かれる"草刈り場"にもなり、悔しさも感じてきた望月さん。低迷期を経た今回の優勝に「一緒にピンチを乗り越えてきた思い。市民にとってかけがえのない、他球団も羨むチームになった」と目を細めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷=共同

 8月27日以降白星から遠ざかり、気負いが空回りしてもおかしくないマウンドで、2年目の20歳とは思えない巨人・戸郷の冷静さが光った。序盤こそ球が上ずったが、きっちり修正。「今月は勝ちがなくチームに迷惑 …続き (27日 19:45)

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷(27日、東京ドーム)=共同

巨人は戸郷が7回無失点で8月27日以来の8勝目。打線は一回に松原の先制三塁打、坂本の内野ゴロで2点を先制。五回は岡本が、七回は丸が適時打を放つなど中軸が機能した。 …続き (27日 22:43更新)

3回ソフトバンク2死満塁、周東が中前に2点打を放つ=共同


 汚名返上の一打を中前に運んだ。二回2死二、三塁でソフトバンク周東が放った2点打。139キロの高め直球を捉えた会心の一打を振り返り、プロ3年目の24歳は「待っている球をしっかり初球から打ち返せた。僕に …続き (26日 22:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]