/

皇族の古墳、発掘現場を公開 宮内庁が大阪で調査

宮内庁は5日、皇族の墓として管理している大阪府岬町の淡輪(たんのわ)ニサンザイ古墳(5世紀後半)の発掘現場を報道関係者に公開した。

1967年以降、同庁は全国の陵墓等で整備工事を実施。事前に遺構を確認し、工法を決める目的で考古学的調査を行い、現場を公開している。

淡輪ニサンザイ古墳でも、周濠(しゅうごう)の水に浸食されて墳丘が崩れるのを防ぐため護岸が検討されており、今年10月から同庁書陵部が墳丘の裾部分を発掘していた。

同古墳は、全長約170メートルの前方後円墳。学界では水運に影響力を持つ紀伊地方(和歌山県)の首長クラスの墓とする説が有力だが、宮内庁は垂仁天皇の皇子「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」の宇度墓(うどのはか)に指定している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン