/

復興補助金不正で返還命令 福島県、2億5千万円

福島県は4日、大阪府岸和田市の太陽光発電関連会社「CKU」が、東日本大震災の被災地に進出する企業に交付する復興補助金約2億5千万円を不正受給したとして全額返還を命じた。

県によると、CKUは2014年、福島県白河市に新設した熱交換器製造工場の建設や設備導入のため、偽造した発注書を使って「ふくしま産業復興企業立地補助金」を申請し、県から2億5410万円の補助を受けた。今年6月、会計検査院の調査で工場が稼働していないことが分かり、同社が県に偽造を認めた。

東京地検特捜部は7月、詐欺容疑でCKUの代表取締役の男ら2人を逮捕した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン