「同性カップル」証明書第1号、渋谷区発行 「記念すべき日」

2015/11/5 11:36
保存
共有
印刷
その他

東京都渋谷区は5日、全国初の条例に基づき、結婚に相当する関係と認めた同性カップルに対し「パートナーシップ証明書」の発行を始めた。

パートナーシップ証明書を手に区役所を出る増原裕子さん(左)と東小雪さん(5日午前、東京都渋谷区)=写真 淡嶋健人

パートナーシップ証明書を手に区役所を出る増原裕子さん(左)と東小雪さん(5日午前、東京都渋谷区)=写真 淡嶋健人

認定カップル第1号となった東小雪さん(30)と増原裕子さん(37)は受け取った証明書を掲げ、うれしそうに区役所から出てきた。東さんは「記念すべき日になった。証明書発行に力を注いでくれた皆さんに感謝したい」と笑顔を見せた。

証明書は区内に住む20歳以上の同性カップルが対象。法的拘束力はないが、条例は夫婦と同等に扱うよう病院や不動産業者に求めている。家族向け区営住宅への入居も可能となる。

東京都世田谷区も5日午後から、同性カップルにパートナー宣誓書の受領証を交付する取り組みを始める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]