/

手足口病、大流行の兆し 患者数が昨年の6倍

乳幼児を中心に、口の中や手、足に発疹が出る「手足口病」の患者数が6月25日までの1週間で1医療機関当たり2.41人となり、昨年同時期に比べて約6倍と大幅に増えていることが5日、国立感染症研究所の調べで分かった。

手足口病は例年夏にピークを迎えるが、今年は大流行した2011年や15年に似たペースで増加している。感染研の藤本嗣人室長は「すでに全国に広まって流行期に入っている。これからさらに患者が増える可能性がある」と注意を呼び掛けている。

全国約3千カ所の小児科定点医療機関からの報告によると、都道府県別では高知(11.7人)鳥取(8.89人)香川(7.14人)滋賀(6.91人)と西日本を中心に患者が多く、東日本では秋田(1.89人)や東京(1.72人)が比較的多かった。昨年同時期は全国で0.41人だった。

手足口病はエンテロウイルスなどが原因の感染症。発疹が主な症状で、約3分の1で熱が出る。通常は数日のうちに治るが、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともある。今年流行している種類のウイルスでは、手足の爪が浮き上がって剥がれ落ちる例もあるが、自然に治るとされる。

くしゃみなどの飛沫や便を通じて感染し、保育施設などで集団感染が起こりやすい。予防には手洗いや排せつ物の処理をしっかり行うほか、おもちゃやタオルは共用せず、個人別にすることが良いという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン