2019年2月16日(土)

NASA探査機「ジュノー」、木星到達 構造や磁場観測

2016/7/5 12:03 (2016/7/5 13:05更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ジュノー」が4日(日本時間5日)、5年間の旅の目的地である木星に到達した。軌道投入のためにエンジンを噴射、北極と南極を通る周回軌道に入った。太陽系最大の惑星を約1年半回りながら、内部構造や磁場などを観測、太陽系の起源の謎に迫る計画だ。

探査機ジュノーの木星軌道投入に成功し記者会見するNASAのチーム(4日、米カリフォルニア州パサデナ)=AP

探査機ジュノーの木星軌道投入に成功し記者会見するNASAのチーム(4日、米カリフォルニア州パサデナ)=AP

木星を回る探査機は、1995年に到着したNASAの「ガリレオ」に次ぎ2機目。ガリレオは2003年に木星に突入し任務を終えており、13年ぶりの探査機となる。

11年8月に打ち上げたジュノーはこれまで約30億キロを飛行した。機体は直径3.5メートル、高さ3.5メートル、打ち上げ時の重量は約3.6トン。3組の巨大な太陽電池パネルを備え、全体はバスケットボールのコート程の大きさになる。

木星より遠くに飛ぶ従来の探査機は電力を原子力電池に頼っていたが、ジュノーは太陽光を利用する。地球の約25分の1しか届かない太陽光を有効活用するため、観測装置も省エネ設計にした。

観測では表面を覆う分厚い雲に5千キロの距離まで近づく計画で、18年2月までの運用中に軌道を37周し、最後は木星に突入する。

水素やヘリウムが主成分の木星は太陽と似た組成だが、炭素や窒素が多いのが特徴。ガス物質の奥に存在すると考えられている中心核についても分かっていない点が多い。太陽との違いを明らかにすることで、太陽系全体の成り立ちを知る手掛かりが得られると期待されている。

 ▼木星 太陽系の内側から5番目に位置し、大きさや質量が最大の惑星。赤道の半径は7万1千キロで地球の11倍、質量は地球の320倍ある。太陽からの距離は平均で約7億8千万キロ、地球と太陽の距離の約5倍離れている。12年かけて太陽を周回し、約10時間で自転している。水素やヘリウムのガスが主成分で、赤道に平行に見えるしま模様や赤い斑点が特徴だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報