/

国立競技場、壁画「野見宿禰像」取り外し

2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム建設のため解体される国立競技場(東京都新宿区)の壁画「野見宿禰(のみのすくね)像」の取り外し作業が5日、報道陣に公開された。東京都足立区にある秩父宮記念スポーツ博物館の倉庫に一時保存され、19年完成予定の新国立競技場に移設する予定になっている。

「相撲の神様」とされる野見宿禰の壁画はメーンスタンド上にある。1964年東京五輪の象徴だった聖火台は既に取り外された。

競技場の解体工事は7月に始まる予定だったが大幅に遅れ、12月中旬に着工する見通しになっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン