/

この記事は会員限定です

危険ドラッグ、警察・自治体が包囲網 販売禁止や立ち入り検査

[有料会員限定]

危険ドラッグを巡っては昨年、各地で事件や事故が相次ぎ、社会問題化。国や自治体、警察などによる規制や取り締まりの動きが強まっている。

昨年6月、東京のJR池袋駅近くの繁華街で、危険ドラッグを吸った男が運転する車が暴走。通行人を次々とはね、1人が死亡、6人が重軽傷を負った。この事故を機に、警察庁などは従来の「脱法ドラッグ」という呼称は危険性を伝えるのに不十分だとして「危険ドラッグ」に変更した。

法律...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン