STAP論文、真相究明遠のく 理研・笹井氏が自殺

2014/8/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

STAP細胞論文の共著者の一人だった理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)が5日、亡くなった。画像の切り貼りや使い回しで小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の不正が認定された後も多くの疑義が浮上、理研が改めて調査に乗り出そうとした矢先だった。実績のない研究者によるずさんな論文がなぜ著名な科学誌に載ることになったのか。真相究明は大きく遠のいた。

小保方氏が米ハー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]