/

この記事は会員限定です

理研・笹井氏「STAP必ず再現を」 小保方氏宛て遺書

[有料会員限定]

理研は5日、発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長がSTAP細胞問題の発覚後の今年3月に辞意を示していたと明らかにした。最近は「心身に疲労がうかがえた」という。

取材に応じたCDBの竹市雅俊センター長によると、笹井氏は3月、「副センター長をやめたい」と申し出たが、問題の検証などのため辞任を思いとどまったという。

10日ほど前には、笹井氏の研究室メンバーから「体調が悪く、ケア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン