/

加害少女の父、自殺か 佐世保の高1殺害事件

5日午後4時10分ごろ、長崎県佐世保市の同級生殺害事件で殺人の疑いで逮捕された高校1年の少女(16)の父親(53)が、市内の自宅で死亡していると消防から県警佐世保署に連絡が入った。同署は自殺したとみて死因を調べている。

捜査関係者によると、自宅を訪れた知人女性が死亡している父親を発見し、消防に通報した。

少女は7月26日、1人で暮らしていた市内のマンションで同級生の女子生徒(15)を殺害したとして、翌27日に殺人の疑いで逮捕された。検察側が精神鑑定を請求し、鑑定のため、医療施設に身柄を移されている。

弁護士によると、父親は事件前の今年3月、少女に金属バットで殴られ、その後、少女を精神科に通院させていた。父親が学校関係者に「事件にしたくない」と殴打について口止めしていたことも県教育委員会の調査で明らかになっている。

父親は事件後、「どんな理由や原因でも娘の行為は決して許されるものではない」と謝罪する書面を公表している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン