理研・笹井氏が自殺 関係者あてに複数の遺書
STAP論文の指導役

2014/8/5付
保存
共有
印刷
その他

笹井副センター長

笹井副センター長

5日午前8時40分ごろ、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市、CDB)の笹井芳樹副センター長(52)がCDBに隣接する先端医療センター内で首をつっているのを関係者が見つけ、110番した。兵庫県警によると、笹井氏は病院に搬送されたが、午前11時すぎに死亡が確認された。自殺とみられる。

笹井氏は傷ついた臓器や組織を治療する再生医療研究の第一人者。STAP細胞論文の共著者の一人で、同センターの小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の指導役を務めた。論文の不正では未解明の部分も多く、笹井氏の自殺によって究明はいっそう難しくなるとみられる。

県警によると、笹井氏は先端医療センターの研究棟の4~5階の非常階段踊り場の手すりにひも状のものをかけて首をつっていた。捜査関係者によると、笹井氏が首をつっていた現場付近で関係者に宛てた遺書が複数見つかった。

笹井氏は万能細胞の一つであるES細胞(胚性幹細胞)の立体培養を手がけるなど国内外で高い評価を得ていた。京大医学部では最年少の36歳で教授に就任するなど若い頃から再生医療分野でエースといわれていた。

STAP細胞を巡っては、実験の一部にかかわったほか、論文の執筆や構成を手がけた。論文の研究不正を認定した理研の報告書では、笹井氏の責任は重大であるとして処分を求めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]