/

ベビーカー挟み100メートル走行 東京メトロ

けが人なし

東京メトロは4日、半蔵門線の九段下駅(東京・千代田)で、中央林間発押上行きの電車(10両編成)がベビーカーの前輪部分をドアに挟んだまま発車するトラブルがあったと発表した。ベビーカーはホームを約100メートル引きずられ、ホーム端の柵に当たって壊れた。子供は乗っておらず、けが人はいなかった。

電車は停止しなかった。同社は「発車時の車掌の確認が不十分だった。再発防止を徹底したい」としている。

同社によると、4日午後3時ごろ、電車の6両目に子供と母親が乗った後、父親がベビーカーを押して乗ろうとしたところドアが閉まった。ドアが前輪部分の軸を挟んだ状態で電車は発車した。

ドアに15ミリ以上の物が挟まると発車できない仕組みだったが、挟んだ部分が15ミリ未満だったため感知しなかった。

発車直後に異変に気づいた乗客が、車内とホームでそれぞれ非常ボタンを押したが、20代の女性車掌はトラブルに気づいておらず運行を継続した。当時、ホームに駅員はいなかった。

同社によると、車掌は「インターホンで車内とやり取りをしようとしている間に、隣の神保町駅に到着した」と説明している。車掌は業務を1人で担当するようになって19日目だったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン