2019年2月16日(土)

天皇陛下の「お気持ち」、8日午後3時公表
宮内庁発表

2016/8/5 20:15
保存
共有
印刷
その他

天皇陛下が「生前退位」の意向を周囲に示されていることをめぐり、宮内庁は5日、陛下自身によるビデオメッセージを8日午後3時に公表すると発表した。内容は「象徴としての務めについてのお気持ち」としている。憲法が天皇の政治的言動を認めていないことから、退位や制度改正の必要性に関する直接的な表現は避けられる見通し。

天皇陛下のメッセージは約10分間。宮内庁は映像とお言葉の全文をホームページで公表し、英訳も載せる。同庁関係者は、ビデオメッセージ形式とする理由を「陛下のお気持ちが正確に、分かりやすく国民に伝わるようにという観点で検討した結果」としている。

陛下がお気持ちをビデオメッセージで発信されるのは2回目。前回は東日本大震災から5日後の2011年3月16日で、約5分半にわたり国民に語りかけられた。

生前退位をめぐっては7月13日、天皇陛下が周囲に意向を示されていることが判明した。ただ、皇室制度を定めた皇室典範に生前退位に関する規定はなく、実現には法整備が必要。陛下が退位の意向を明言して法整備を求めるような事態になれば、「天皇は国政に関する権能を有しない」と定めた憲法4条に抵触する恐れがある。

このため、宮内庁は公式には「陛下の意向」を否定する一方、公表する内容や方法を慎重に検討してきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報