神戸大、「ゲノム編集」新手法開発

2016/8/5 3:00
保存
共有
印刷
その他

神戸大学の西田敬二特命准教授や近藤昭彦教授らは、効率よく狙った遺伝子を操作できる技術を開発した。DNAを切断せずに済むため、想定外の遺伝子改変が起きたり、細胞が死んだりしにくく、効率が上がる。農産物の品種改良の効率化につながるほか、将来は先天的な難病の遺伝子治療に役立つとみている。米科学誌サイエンス(電子版)に5日発表する。

新技術は最先端の遺伝子操作法の「ゲノム編集」の一種で、東京大学などと共同開発した。現在のゲノム編集はDNAを狙った部位で切り、特定の遺伝子を組み込む。ただ、遺伝子を操作しようとした細胞に負担がかかって死ぬなどの問題があった。

新技術は操作したい部分に酵素を付け、DNAを構成する物質に化学変化を起こすことで改変する。培養したハムスターの細胞を使って試したところ、ほぼ100%狙った通りに改変できた。

年内にもベンチャー企業を設立し、技術の普及を目指す。まだDNAの全ての部分には使えないため、今後改良を進める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]