2018年11月14日(水)

京浜東北線、架線切れ運転見合わせ 駅間で停車も

2015/8/4付
保存
共有
印刷
その他

架線が切れたJR京浜東北線の横浜―桜木町間で復旧作業をする作業員(4日午後10時53分、横浜市)=共同

架線が切れたJR京浜東北線の横浜―桜木町間で復旧作業をする作業員(4日午後10時53分、横浜市)=共同

4日午後7時10分ごろ、JR根岸線の横浜―桜木町駅間で線路上の架線が切れた。この影響で京浜東北線と東海道線、横須賀線の上下線で運転を見合わせたほか、高崎線が一部運休するなどし、乗客に大きな影響が出た。JR東日本が原因を調べている。

JR東によると、架線が切れたのは横浜市西区高島付近。走行中だった列車3本が駅と駅の間で停止し、一部の乗客は線路を歩いて近くの駅に向かった。

JR東によると、架線が切れた原因は分かっておらず、現場で詳しく調べるとともに復旧に向けた作業を急いだ。

JR京浜東北線の架線切れで、運転見合わせとなり混雑するJR桜木町駅(4日午後9時24分、横浜市中区)=共同

JR京浜東北線の架線切れで、運転見合わせとなり混雑するJR桜木町駅(4日午後9時24分、横浜市中区)=共同

JR東京駅では振り替え輸送の利用を呼びかけるアナウンスが繰り返し流れ、帰路につくサラリーマンらが停止したままの電車の中で運転再開を待つ姿がみられた。東京・日本橋の会社から横浜市まで帰るという会社員男性(46)は「待つしかないが、あしたも会社なので早く帰りたい」と疲れた表情をみせた。

JR東では4月12日、山手線の線路脇で架線を支える柱が倒れているのが見つかり、山手線と京浜東北線の一部区間で9時間以上にわたって運転を見合わせるトラブルがあったばかり。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報