/

又吉さん「火花」、200万部突破 芥川賞受賞作で歴代1位

文芸春秋は4日、芥川賞に決まった人気お笑い芸人の又吉直樹さん(35)による小説「火花」を40万部増刷すると発表した。累計発行部数は200万部を突破し、209万部になる。

出版科学研究所(東京)などによると、芥川賞受賞作の単行本の発行部数としては、村上龍さん(63)の「限りなく透明に近いブルー」(1976年)の131万6千部を抜いて歴代1位。綿矢りささん(31)の「蹴りたい背中」(2003年、125万部)、柴田翔さん(80)の「されど われらが日々――」(64年、106万6700部)なども上回った。

文芸春秋発行の単行本では、R・J・ウォラーさんの「マディソン郡の橋」(93年)の256万5千部に次ぐ2番目の記録で、村上春樹さん(66)の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(105万部、13年)の約2倍に当たる。

又吉さんは「ありがとうございます。『火花』が多くの皆さまに届くことがうれしいです。僕も、この夏はたくさんの本を読もうと思っています」とコメントしている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン