スノーボード中不明の3人救助 新潟、コース外滑り道に迷う

2015/1/5付
保存
共有
印刷
その他

新潟県湯沢町のかぐらスキー場をスノーボードのため訪れ、2日から行方不明になっていた東京都の男女3人が4日朝、スキー場から外れた神楽ケ峰(2029メートル)の頂上近くで県警のヘリに発見、救助された。いずれも手足に軽い凍傷はあるが、命に別条はない。

救助されたのは、世田谷区のデザイナー、練子広寿さん(45)と妻の会社員、真美さん(44)、杉並区の会社員、山本亜紀さん(40)。3人は同日午後、南魚沼署で記者会見し「コース外を滑っていて道に迷った。夜は雪洞を掘って寒さをしのいだ」と説明。「自分たちの無謀さを反省している」と謝罪した。

練子さんによると、2日午前11時ごろ、頂上付近でリフトを降り、コース外で天然の斜面を滑る「バックカントリースノーボード」を楽しんでいたが、夕方ごろ道に迷った。夜間は持参していた折り畳み式のスコップで3人が座って入れる大きさの雪洞を掘り、スノーボードで出入り口をふさいだという。

3日は吹雪のため下山できず、同日夜も別の場所に雪洞を掘った。あめやチョコレートで空腹をしのぎ、4日早朝から山の尾根を歩いていたところ、午前8時50分に県警のヘリが発見した。

県警や同スキー場はコース外を滑る際、登山届の提出を呼び掛けているが、3人は出していなかった。コース外へのゲートでスキー場の係員に「提出した」とうそを言ったという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]