/

作家の三浦朱門氏が死去 元文化庁長官

三浦朱門氏

「箱庭」や「武蔵野インディアン」などの作品で知られる作家で、元文化庁長官の三浦朱門(みうら・しゅもん)氏が3日、死去した。91歳だった。妻は作家の曽野綾子さん。

東京都生まれ。遠藤周作や吉行淳之介らとともに「第三の新人」と呼ばれる作家の一人として文壇で活躍した。1967年に「箱庭」で新潮社文学賞、83年に「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞、87年に日本芸術院賞・恩賜賞を受賞。エッセーでも「結婚なんかおやめなさい」などのベストセラーを生んだ。

同人誌で知り合った曽野さんと53年に結婚。ともにカトリック教徒で、おしどり夫婦として知られた。

教育・文化行政にも力を注ぎ、85年から1年半近く、民間人としては2人目の文化庁長官を務めた。96年に教育課程審議会会長に就任し「ゆとり教育」の道筋をつけた。99年文化功労者。日本芸術院院長や日本文芸家協会理事長、日本芸術文化振興会会長なども歴任した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン