火星回る2衛星、巨大天体衝突で誕生 東工大など解析

2016/7/5 0:00
保存
共有
印刷
その他

火星を回る2つの衛星は、巨大な天体が火星に衝突したことで誕生したとする研究結果を、東京工業大や神戸大などのチームが4日付の英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に発表した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2020年代に火星の衛星に無人探査機を送り、砂を地球に持ち帰る計画を進めている。東工大の玄田英典特任准教授(惑星科学)は「衝突説が正しければ、持ち帰った物質に火星由来の物質が含まれているはずだ」と期待を示した。

火星には「フォボス」「ダイモス」という直径20キロ程度の2つの衛星がある。これらの衛星の起源としては、火星と木星の間にある小惑星が火星の重力に引き寄せられてできたとする「捕獲説」もあるが、捕獲される確率は非常に低いとの指摘があった。

チームは、火星の北半球に巨大天体が衝突したと仮定し、コンピューターで衝突後の破片の動きを試算した。

すると大部分は火星に近い軌道に広がり、そこからまず巨大衛星が誕生したと考えられることが分かった。さらに、この巨大衛星の重力の影響で遠くに飛び散った破片が集まり、約40億年前にフォボスとダイモスができたとみられる。巨大衛星はその後火星に落下したという。

天体衝突の条件を変え300通りの計算をしても、30%の確率で2つの衛星ができた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]