肥満者の減量指導効果、2年で消失 筑波大が追跡調査

2014/12/4付
保存
共有
印刷
その他

肥満の人に半年間、専門家が集団での減量指導をした効果は2年で失われることが、筑波大の研究グループが4日発表した追跡調査で分かった。同大は減量効果を維持するには定期的な専門家の指導が必要としている。

同大は40歳以上65歳未満で、肥満度を示すBMI(体格指数)が25以上40未満といった条件を満たす肥満の人を対象に、2つのグループに分けて減量支援と追跡調査を実施した。

減量の動機づけと、減量に関する教材の提供を受けたグループは半年で体重が約5キロ減少。教材の提供に加え、6カ月間で計7回の専門家による集団での減量指導を受けたグループは約8キロ減った。

その後、減量支援なしで追跡調査したところ、集団指導を受けたグループへの効果は次第に低下し、2年後の体重減少量は別グループと全く同じになった。

集団指導による減量支援は短期的に大きな効果がある一方、いったん支援を打ち切ると、減らした体重の長期的な維持は難しいことが明らかになった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]