2019年1月19日(土)

14歳プロ棋士、デビュー11連勝 新記録を達成

2017/4/4 19:26
保存
共有
印刷
その他

昨年秋に史上最年少で将棋のプロ棋士になった藤井聡太四段(14)が4日、デビューからの連勝を11に伸ばし、新記録を達成した。大阪市の関西将棋会館で指された王将戦の予選で、小林裕士七段(40)を下した。

対局終了後、藤井四段は「(11連勝は)実力からすると望外の結果で、素直にうれしい。これからも一局一局を大切にしながら、実力を伸ばしていきたい」と語った。

藤井四段は愛知県瀬戸市在住の中学3年生。昨年10月、加藤一二三・九段(77)が持つ最年少記録を62年ぶりに塗り替え、14歳2カ月でプロ棋士に。デビュー戦となった同年12月の対加藤九段戦以降、先輩棋士との公式戦が続いているが、一度も負けていない。

日本将棋連盟に記録が残る1954年以降では、デビューからの連勝はこれまで松本佳介六段(45)と近藤正和六段(45)の10連勝が最多だった。中学生棋士の先輩である羽生善治王座(46)と渡辺明竜王(32)はいずれもデビュー後6連勝どまりだった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報