/

トイザらスへの課徴金減額 公取委、優越的地位乱用で初審決

米玩具大手の日本法人「日本トイザらス」(川崎市)が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で受けた約3億6千万円の課徴金納付命令を不服として訴えた審判で、公正取引委員会は4日、課徴金を1億4690万円減額し、2億2218万円とする審決を出した。

公取委は、トイザらスが2009年1月~11年1月、メーカーや卸売業者などの取引先117社に対して取引額を不当に減額し、在庫品を一方的に返品していたと認定。11年に排除措置命令を出した。また独禁法の改正で10年から優越的地位の乱用が課徴金の対象となったことから、61社に対する取引で3億6908万円の課徴金納付命令も出していた。

トイザらスは、14社との取引について「優越的地位の乱用ではない」と反論。公取委は審決でうち2社に対しては排除措置命令と課徴金納付命令を取り消し、ほかの6社に対しては10年以降に違反はなかったとして課徴金を取り消した。

トイザらスは「多くの取引で当社の主張が認められ課徴金も減額された。今回の審決を受け入れる」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン