/

戦時も明るく日常描く 長谷川町子の作品139点発見

漫画「サザエさん」の作者、故長谷川町子さん(1920~92年)が、40年前後に小学館の子供向け学習雑誌などのために描いた漫画や挿絵などの作品計139点が、4日までに同社の資料室で見つかった。作品を昨年、偶然見つけた同社社長室顧問の佐藤正治さん(66)は「戦時中も、長谷川さんが明るく、朗らかに生きる人々の日常を描いていたことをうかがわせる」と評価している。

40年の「せうがく三年生」に掲載された漫画では、代表作「サザエさん」に登場するカツオやワカメを思わせるキャラクターが、食べられるお菓子の数を競い合ってユーモラスな掛け合いをする場面も描かれている。

翻訳家村岡花子が41年、「国民五年生」のために訳した「カンタベリー物語」に添えられた挿絵に、「長谷川町子・画」と署名があったが、当初は西欧風のモダンな作風だったため、佐藤さんは別人の作品と思っていたという。

その後の調査で、39~43年に、当時19~23歳だった長谷川さんが、同社が出版した学習雑誌などに、多数の漫画や挿絵を描いていたことを確認した。

作品のうち約100点は、11日発売のムック本「長谷川町子の漫画大会」(小学館)に収録される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン