日経・経済図書文化賞の表彰式

2016/11/4 21:59
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社と日本経済研究センターは4日、2016年度・第59回「日経・経済図書文化賞」の表彰式を東京・大手町の日経本社で開いた。受賞作品は清水洋・一橋大学准教授の「ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション」(有斐閣)など5点。式では、清水准教授ら出席した5人に賞状と記念品が手渡された。

審査委員長の吉川洋・立正大学教授は「5作品は歴史や制度などを深く分析していた。経済学は数理理論だけでなく、こうした事実分析によって支えられている」と受賞者らの貢献をたたえた。

受賞者の挨拶では、清水准教授が「(大学では)論文数などが重視される傾向が強まっているが、論文では表現しきれないものが書籍にはあると思う。日経・経済図書文化賞は学会を横断するような賞で、そうした伝統に感謝している」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]