/

放射性セシウム、食事から不検出 日本生協連が18都県調査

日本生活協同組合連合会は5日までに、東日本を中心とした18都県の計256世帯を対象にした食事調査で、放射性セシウムが検出されなかったと発表した。調査は2011年度から実施し、不検出となったのは初めて。

今回の調査は昨年7月~今年2月に実施。参加した世帯数は福島県が100、宮城県が33、岩手県が20で、東日本大震災の被災3県が全体の半数以上を占めた。各世帯に2日間の食事計6食と間食を1人分多く作ってもらい、分析した。

同連合会は「放射性物質の検出割合は年度を追うごとに減少してきた。来年度も調査を継続したい」としている。

11~13年度の調査では放射性セシウムの検出率は11年度が4.4%、12年度が1.8%、13年度が1.6%と減少傾向。最大値は11年度が1キログラム当たり11.7ベクレル、12年度は同4.2ベクレル、13年度は同3.7ベクレルだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン