データ漏洩、二審も実刑判決 東芝提携先の元技術者

2015/9/5 1:06
保存
共有
印刷
その他

東芝の研究データを韓国企業に渡したとして、不正競争防止法違反(営業秘密開示)の罪に問われた提携先の元技術者、杉田吉隆被告(54)の控訴審判決で、東京高裁は4日、懲役5年、罰金300万円とした一審東京地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

弁護側は「持ち出したフラッシュメモリーに関するデータの有用性はそれほど高くなく、刑は重すぎる」と主張していた。判決理由で高裁の大島隆明裁判長は「データは、信…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]