水筒に消毒液混入か、児童3人軽症 姫路の小学校

2014/11/5付
保存
共有
印刷
その他

4日午前8時半ごろ、兵庫県姫路市東山、市立糸引小学校で、家からそれぞれ持参した水筒の茶を飲んだ6年の男女3人が体調不良を訴えた。3人はタクシーで病院に向かったが、いずれも喉の痛みで軽症。県警飾磨署は、症状から消毒液が混入された可能性があるとみて、傷害容疑で調べている。

飾磨署によると、3人は同じクラス。登校後、いったん教室に入り、午前8時すぎから、ほかのクラスメートと校庭で始業時間前の運動をしてから教室に戻った際、机の上に置いていた水筒の茶を飲み「変な味がする」と異変を訴えた。学校が同署に通報した。

飾磨署によると、校庭での運動時、外部から侵入した痕跡はないという。廊下には手に使う消毒液が置いてあった。ほかに体調不良を訴えた児童はいない。

糸引小によると、いじめなどのトラブルは把握していないという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]