仮谷実さん「有益な裁判」 オウム平田被告の東京高裁判決

2015/3/4付
保存
共有
印刷
その他

オウム真理教に拉致され死亡した目黒公証役場事務長、仮谷清志さんの長男、実さん(54)は4日、被害者参加した東京高裁の判決後に記者会見し「今日の判決は理解できる。参加でき、有益な裁判だった」と感想を述べた。

一審判決後に平田被告から「出家前の50万円の貯金が見つかったので賠償に充てたい」との申し出があり、受け取ったという。同被告について「謝罪のメッセージは十分出していて、公判でも礼は尽くしてくれている」とし、「今日の表情も(判決に)納得しているように受け止められた」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]