2018年7月19日(木)

長時間労働、恋愛に支障 残業40時間超で7割

2017/6/4 22:26
保存
共有
印刷
その他

 長時間労働が原因で恋愛に支障を来した人が70%以上――。民間の結婚相談所が月平均40時間を超えて残業をしている男女を対象に実施したアンケートで、こんな結果が出た。長時間労働が健康面だけでなく、私生活にも大きな影響を及ぼしている実態が浮かんだ。

 調査したのは「パートナーエージェント」(東京)。今年3月、20~59歳の男女を対象にインターネットで実施し、220人から回答を得た。

 残業が交際に影響を与えたかを聞いたところ、問題が生じた人は有効回答者のうち72.1%に上った。具体的な内容(複数回答可)では「一緒に過ごす時間が減った」が38.2%、「相手に迷惑を掛け、我慢させた」が37.7%、「けんかになった」が12.7%だった。既婚者の69.8%も「結婚生活に悪影響があった」と答えた。

 交際や結婚がうまくいかなくなった時の対応は約半数が「我慢してもらった」と答え、「残業を減らす努力をした」を上回った。「交際を諦めて仕事に集中した」という人も15.5%いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報