/

この記事は会員限定です

近代日本の産業史に光 23施設、世界遺産へ

[有料会員限定]

石炭と鉄の街が世界の宝に――。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が4日、日本の近代化を支えた8県11市の「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録を勧告したのを受け、各地の関係者らは「地域の産業史に光が当たる」と喜びに沸いた。岩手県釜石市の施設も登録の見通しとなり、東日本大震災の復興の後押しになると期待する声が上がった。

「生活の糧のために働いた場所が世界遺産になるなんて感無量だ」。熊本県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン