/

泊原発で冬の防災訓練 暴風雪時の避難検証

政府は4日、北海道電力泊原発(北海道泊村)での暴風雪時の事故を想定した原子力総合防災訓練を実施した。北海道や周辺自治体など関係機関の計約400人と、住民約60人が参加。国による初の冬季訓練で、昨年10月に了承された避難計画を検証する。

訓練は泊村や隣の共和町を含む後志地方に暴風雪警報が発令され、数年に1度の猛吹雪に襲われる中、運転中の泊原発3号機が設備故障で、冷却機能を喪失したとのシナリオで行われた。

緊急炉心冷却装置(ECCS)が注水不能に陥ったとの通報を受けると、首相役の内閣府の平井興宣政策統括官が緊急事態を宣言。「外出を控えるなど暴風雪に対する安全確保を優先してください」と指示した。

その後、天候回復のめどが立ったとして、道庁で対応に当たっていた国の防災担当者が現地の情報を確認しながら、共和町にある事故対応拠点「北海道原子力防災センター」(オフサイトセンター)へ向けてバスで移動した。

泊原発では、昨年11月にも国の原子力総合防災訓練があったが、暴風雪時の対応に課題があるとして、北海道が冬季の訓練を要請していた。

泊原発は3号機で原子力規制委員会の審査が先行しているが、再稼働のめどは立っていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン