2019年9月18日(水)

近所に住む女聴取 愛媛親子殺傷、関係先を家宅捜索

2017/5/4 23:49 (2017/5/5 0:40更新)
保存
共有
印刷
その他

愛媛県今治市の市営住宅で住人の高齢親子が刃物で殺傷された事件で、県警今治署捜査本部は4日、事件に関与した疑いが強まったとして、近所に住む40歳ぐらいの女を事情聴取し、関係先のマンションを家宅捜索した。

捜査関係者によると、現場付近の防犯カメラによく似た女が映っていたという。

捜査本部によると、事件は3日午前9時ごろ、今治市室屋町7で発生。室内に入ってきた女に、無職の岡本久行さん(70)が背中を切られ重傷を負ったほか、母のユキヱさん(92)は胸を刺されて搬送先の病院で死亡した。

司法解剖の結果、ユキヱさんの死因は出血性ショックで、傷は肺まで達していた。

一方、今治市では4月26日にも、約400メートル離れた住宅で、住人の越智サツキさん(81)が刃物で腹部を刺され死亡しているのが見つかった。2つの事件で、いずれも刃物が使われたことや高齢女性が被害に遭ったことから、捜査本部は関連の有無を調べている。

岡本さんは「知らない中年の女に切り付けられた」と話しており、捜査本部は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして、女の行方を追っていた。

岡本さん方は2人暮らし。越智さんは1人暮らしで、いずれの事件でも室内には凶器とみられる刃物が残されていた。捜査本部は4日、市営住宅を現場検証して詳しく調べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。