/

平等院鳳凰堂にコウヤマキ 屋根材使用では最古級

平等院(京都府宇治市)は3日、関白・藤原頼通が建立した鳳凰堂(国宝)で屋根の下地材とみられる木材3点を調べたところ、1点が平安時代のコウヤマキだったと発表した。

コウヤマキは奈良時代以前には主要な建材で、平城宮(奈良市)の柱などに使われたが、使い尽くされて入手困難になったとされる。屋根材での活用が確認された例として最古級で、京都大農学研究科の横山操研究員は「貴重な木材を入手できるアドバンテージがあった可能性もある」と推測している。他の2点はヒノキで、鎌倉時代の修理で使われたらしい。

これまで鳳凰堂はヒノキだけが用いられたと考えられていた。風雨にさらされる屋根材に耐水性のあるコウヤマキが使われていたことから、特性を把握して活用した可能性がある。

調査をした木材3点は長さ1.2~2.6メートル、幅約24~28センチ、厚さ約3センチ。3点とも片側を削って加工されており、瓦の下地となる土が滑らないように止める働きがあったという。1900年代に大規模な修理をした際に屋根から取り外して保管していたという。

光学顕微鏡で調べたところ1点はコウヤマキと判明。木材は削られており、正確な伐採年は不明だが、酸素同位体を使った年代測定法によると、最も新しい年輪は1040年ごろだった。ヒノキの2点は1200年代前半の修理で使われたらしい。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン