岡本侑也さんチェロで2位 エリザベートコンクール

2017/6/4 19:39
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=共同】世界的な演奏家への登竜門、エリザベート王妃国際音楽コンクールで初めて開催されたチェロ部門の決勝がベルギー首都ブリュッセルで3日まで行われ、ドイツ・ミュンヘン在住の岡本侑也さん(22)=東京都出身=が2位に入賞した。

岡本さんは発表を受け、満面の笑みで審査員団や会場にあいさつ。記者団に「できる限りを尽くした。2位で『これからももう一息、前向きに頑張れ』という結果になった。自分の音楽を深めていきたい」と話した。

決勝ではドボルザークのチェロ協奏曲を演奏。多くの観客が立ち上がって拍手し、地元メディアも「純粋で、端正で、明瞭」な演奏だったと絶賛した。

岡本さんはドイツ・バイエルン州で暮らしていた6歳の時にチェロを始めた。ドイツ音楽協会の青少年音楽コンクール同州地域部門で1位になるなど、幼少時から頭角を現してきた。東京芸大を中退し、ミュンヘン音楽大に在学中。既に第一線で演奏活動を行い、数々のオーケストラと共演している。

2位の結果に母、勢津子さん(52)は会場で「本当にびっくりした。夢を見ているみたい」と話し、涙ぐんだ。

1位はフランスのビクトール・ジュリアンラフェリエールさんだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]