/

名大寮で火災、1人死亡 男子学生か

4日午前8時15分ごろ、名古屋市昭和区の名古屋大の学生寮「国際嚶鳴館」から「黒煙が出ている。爆発音がする」と119番があった。鉄筋コンクリート造り9階建ての3階にある一室約15平方メートルを全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった。

昭和署によると、この部屋には、工学部1年の男子学生(20)が住んでいた。男子学生は留年したことや学生生活について悩んでいたといい、出火当時、心配した広島市佐伯区の両親がこの部屋を訪れようとしていた。爆発音を聞き、駆け付けた学生の父親(47)も手にやけどなどのけがを負った。

同署は、死亡したのはこの学生とみて身元の確認を進めるとともに、両親らから事情を聴くなどし、詳しい状況を調べている。5日にも司法解剖し死因の特定を急ぐ。

出火直後、寮の学生が避難するなど一時騒然となった。4階に住む男子大学生は「身近でこんなことが起きてショックだ」と肩を震わせた。

現場は市営地下鉄名城線の八事日赤駅から北に約300メートルの住宅街。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン