/

明治の産業革命遺産、世界遺産登録へ ユネスコ勧告

政府は4日、世界文化遺産に推薦している「明治日本の産業革命遺産」(福岡、長崎など8県の23施設)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が世界遺産に「記載」すべきだと勧告したと発表した。7月にドイツで開かれる世界遺産委員会で正式に決定となる見通し。国内の世界遺産は19件となる。

八幡製鉄所の旧本事務所(北九州市八幡東区)=共同

諮問機関は遺産の名称を「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」と変更すべきだとした。構成資産のうち「軍艦島」として知られる端島炭坑(長崎市)については、緊急の保全措置などを求めた。

明治日本の産業革命遺産は1850年代から1910年、西洋技術が日本の伝統文化と融合し、造船、製鉄・鉄鋼、石炭の重工業分野で産業国家となった道筋を時系列で伝えているとしていた。

構成資産は23。福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、山口、岩手、静岡の8県11市にまたがる。具体的には官営八幡製鉄所(現・新日鉄住金八幡製鉄所、北九州市)、三池炭鉱(福岡県大牟田市、熊本県荒尾市)、三菱長崎造船所(長崎市)などの産業施設、「近代化の思想的な原点になった」として推薦された松下村塾(山口県萩市)など。

橋野鉄鉱山・高炉跡(岩手県釜石市)は国内で初めて、現地で採掘された鉄鉱石を用い、高炉で製鉄に成功。西洋技術に日本の伝統的な施工法を加えた韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)は、当時の反射炉の姿が最も完全な形で保存されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン