審査スピード早く 省庁に横ぐし、新薬で競争力
新潮流をつかむ(2)

2014/8/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がんの治療が日本発の技術で大きく変わるかもしれない。そんな期待を抱かせる新薬が7月4日、日本で承認された。

体内の免疫細胞はがん細胞の周りに集まるが、異物として攻撃しない。小野薬品工業が中心となって開発したニボルマブ(一般名)は京都大の本庶佑名誉教授が発見した遺伝子の働きに注目し、免疫細胞にがん細胞を攻撃させる。新しい治療法として国際的な開発競争が激化する中、世界初の承認で先駆けた。

今回は手術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]