2019年1月22日(火)

ウニ増殖、三陸に異変 海藻減り海産物に影響

2014/7/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県気仙沼市や南三陸町の沿岸の一部で、東日本大震災後にウニが異常増殖している。津波で捕食者のカニなどが減ったり、海底の環境が変わったりしたことが原因の可能性がある。ウニが岩場の海藻を食べ尽くす「磯焼け」が広がり、ウニの実入りが悪くなって売り物にならないほか、アワビなど他の海産物への悪影響も懸念される。専門家は「適正な量まで取り除く必要がある」と指摘する。

気仙沼市沿岸の岩場で6月中旬、東北大の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報