/

STAP真相究明へ理研が外部調査委

理化学研究所は4日、STAP細胞研究の真相を究明するため、外部有識者だけで構成する調査委員会を3日付で設置したと発表した。研究そのものが虚構であったのではないかという疑義も出ており、すでに撤回された2つの論文や保存されている実験試料などを調べ、研究不正の全容解明を目指す。

調査委メンバーは現在選考中で、生命科学分野の研究者や弁護士など6人程度を予定。5カ月以内に結論を出す。

STAP論文について、理研は今年4月、小保方晴子研究ユニットリーダーの捏造(ねつぞう)と改ざんを認定した。ただ、その後もES細胞が混入したのではないかなどいくつもの重大な疑義が浮上。理研は6月末から再調査するかどうか予備調査してきた。小保方氏の処分については、今回新たに設置した調査委の報告を待って決める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン