2018年7月23日(月)

マウスの脳を光で刺激、2つの記憶合成 富山大が成功

2015/4/3付
保存
共有
印刷
その他

 富山大学の井ノ口馨教授らは、マウスの脳を光で刺激することで、2つの別々の記憶を関連づけて新しい記憶を作り出すことに成功した。様々な記憶を結びつけることで個々の記憶から知識や概念を作り出す人間の脳の仕組みを解明するのに役立つという。米科学誌セル・リポーツ(電子版)に3日(日本時間)、発表した。

 研究チームは脳の神経細胞の働きをレーザー光の刺激で制御できるマウスを作り、丸い形の箱に入れて場所を記憶させた。30分後、四角い箱に入れて電気ショックを与えた後すぐに取り出し、恐怖の記憶だけを植え付けた。

 次の日、マウスを別のかごに入れて、丸い箱の場所を覚えた脳の神経細胞と、恐怖を記憶した脳の神経細胞にレーザーを当てて刺激した。丸い箱に戻したところ、恐怖を体験した箱とは違うのに、マウスは身をすくめておびえた。別々の神経細胞を働かせて2つの記憶を結びつけたためだという。

 関連性が弱い記憶が結びつくと、様々な精神疾患を引き起こすといわれる。研究グループは今回の研究成果が、精神疾患の治療法開発につながる可能性もあると説明している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報