/

林義郎・元蔵相が死去

(更新)

元自民党衆院議員で厚相や蔵相などを歴任した林義郎(はやし・よしろう)氏が3日午後8時、多臓器不全のため東京都内で死去した。89歳だった。自宅は山口県下関市貴船町4の7の1。告別式は5日午前11時から東京・築地本願寺第二伝道会館。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は長男で参院議員の芳正氏。

東京大法学部を卒業後、旧通産省に入省。政界に転じ、1969年に自民党から旧山口1区に出馬し初当選。2003年に引退するまで連続11回当選した。第1次中曽根康弘内閣で厚相として初入閣し、宮沢喜一改造内閣で蔵相に就任した。

税制問題に通じ、自民党の税制調査会長も務めた。89年には自民党総裁選に立候補したが、海部俊樹元首相に敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン