/

向井千秋さんに仏勲章 宇宙研究活動に貢献

フランス政府は3日、宇宙飛行士の向井千秋さん(62)にレジオン・ドヌール勲章「シュバリエ」を贈った。東京都内の叙勲式で、ティエリー・ダナ駐日大使が授与した。2回にわたり宇宙で研究活動に関わったほか、フランスの国際宇宙大学で人材育成に貢献したことが評価された。

向井さんは「医学や生理学など、自分のやりたいことをできただけでも幸運なのに、功績を認められて身に余る光栄だ」と喜びを語った。

ダナ大使は「男女平等がまだ浸透していなかった時代から、女性の宇宙飛行士として力を尽くした」と称賛した。

向井さんは1994年、スペースシャトル「コロンビア」に搭乗し、アジア人女性として初めて宇宙に飛び立った。

レジオン・ドヌール勲章は、ナポレオン・ボナパルトが1802年に創設したフランスで最高位の国家勲章。「シュバリエ」は、5つの等級のうちの一つ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン