2019年5月27日(月)

小惑星に油井飛行士の名前 国際天文学連合が発表

2017/2/3 21:30
保存
共有
印刷
その他

国際天文学連合小惑星センター(米国)は3日までに、宇宙飛行士の油井亀美也さん(47)の名前を小惑星に付けたと発表した。愛媛県の天体観測館が申請していた。

油井さんは子供の頃、宇宙飛行士だけでなく天文学者も夢だったといい、1月31日に更新したツイッターに「小惑星か彗星(すいせい)に自分の名前を!という子どもの頃の夢をかなえていただき、本当に感謝しています」と書き込んだ。

小惑星の名前は「Kimiyayui」。直径は推定約2キロで、地球との距離は約2億6800万キロ。肉眼では観測できないという。

発見した愛媛県久万高原町の久万高原天体観測館職員、中村彰正さん(56)によると、油井さんが昨年、国際宇宙ステーションからの帰還報告会を同県内で開くのをきっかけに、油井さんの名前を付けるアイデアが浮上した。

中村さんは「宇宙飛行士の名前を付けさせてもらえるチャンスはなかなかない」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報