/

抱っこひも偽造品注意、強度基準以下も ネット販売で発覚

米国ベビー用品メーカーの国内総代理店を務めるダッドウェイ(横浜市)は3日、インターネット上で非正規の店舗が取り扱っている著名ブランドの子供用「抱っこひも」で、多数の偽造品を確認したと発表した。製品強度が安全基準を下回るものもあるといい、注意を促している。

偽造品が確認されたのは「エルゴベビー」の製品。同ブランドの国内の抱っこひものシェアは5割程度とみられる。

ダッドウェイが外部に依頼した調査では、国内のネット上の非正規取扱店で購入した25点のうち、14点が偽造品。サイトの商品紹介では、正規品や正規品と区別がつかない写真を掲載しているケースが多かった。正規品の価格は1万4千~2万円程度というが、偽造品の中には3500円程度のものもあったという。

偽造品は生地が薄く内部に芯が入っていなかったり、ベルトのバックルのかみ合わせがゆるかったりしたほか、バックルや肩ひもの強度が基準値を下回っていたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン