/

この記事は会員限定です

五輪、着実に前へ 改造内閣に期待と注文

[有料会員限定]

第3次安倍再改造内閣が3日、発足した。4年後に迫った東京五輪・パラリンピックに向けた準備をはじめ、震災復興や教育振興など待ったなしの課題は数多い。「着実に仕事をして」「当事者間でうまく連携を」。それぞれの分野の関係者からは、新閣僚への注文の声が相次いだ。

都知事VS五輪相?

「国民、都民にとって良い五輪、パラリンピックになるよう連携したい」。前日に就任したばかりの小池百合子東京都知事(64)は3日、五輪相に起用された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン