香港社、日東電工株で相場操縦の疑い 監視委が勧告へ

2014/12/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東証1部上場の日東電工株を相場操縦したとして、証券取引等監視委員会が香港の運用会社を調査していることが明らかになった。昨年9月の日経平均株価の銘柄入れ替え時に不当に株価をつり上げた疑いがある。監視委は近く金融商品取引法違反として、課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する。課徴金額は数億円程度になる見通しだ。

市場関係者によると、課徴金の対象となる運用会社はアレイオン・アセットマネジメント。本社は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]